前へ
次へ

不動産投資はアパート経営とか駐車場経営が主流

不動産投資ではアパート経営とか駐車場の経営が一般的に行われています。
それで収入を得ることは比較的簡単にできるのですが、問題が一つだけあります。
それは年末に支払うべき税金の計算です。
この計算は誰でもできますが、かなり面倒くさい計算なので、専門の公認会計士や税理士にその仕事を依頼している人もいるくらいです。
例えば団塊の世代があります。
この年代はその全員が七十歳以上となっているますので、頭の回転も遅くなってきています。
七十歳を超えてから税金の計算をするのは、誰でもかなり大変なことではないでしょうか。
そういう意味では公認会計士や税理士を使うメリットはとても大きいです。
デメリットとしては当たり前です、公認会計士や税理士に、報酬を支払わなければなりません。
出来るだけ顔見知りの公認会計士や税理士に仕事を依頼して、 その費用を最小限に抑えたいものです。
そうすることによって、不動産投資であるアパート収入や駐車場経営の収入は、格段に増大するということになります。
日本の税金は世界的に見て特別高いというわけではありませんが、それでも20%くらいの税金は取られます。

Page Top