前へ
次へ

不動産投資で空室を減らすための試み

不動産投資で空室を減らすためには、いかに魅力的な物件に見せるかがポイントになります。
不動産投資で成功している人は、空室を減らす対策を徹底しています。
例えば内装や水回りを綺麗にしたり、生活動線を広くする工夫をしたりすれば入居率はアップするでしょう。
この建物で生活をしてみたいと思ってもらうことが重要ですから、目立つ汚れは除去しておく必要があります。
自主清掃で落とせない汚れは、プロのハウスクリーニングで綺麗にしてください。
リフォームに関しては行うべきかどうかよく考える必要があります。
入居率を高めるための投資としてリフォームをするケースはありますが、あまりお金をかけすぎると元を取れなくなる可能性があります。
元を取るためには費用対効果をよく考えて、プラスになるかシミュレーションをすることが大事です。
費用対効果がマイナスになる投資は、最初から避ける必要があります。
特に大規模修繕であるリノベーションをするときは慎重に判断してください。

Page Top